一緒にいるのが当たり前になってくる

“女性は基本的に寂しがり屋さんの人が多いですよね。
自らなんでもできて自ら暮らせるという著しい女性は少ないです。
母親のほとんどが男性に頼りたい、守られたいと思っているでしょう。

世の中の両人の大半はおとなです。
中学やハイスクール、教え子など初々しい両人も多くいますが、仕事をし始めてはら彼女亭主ができたという他人はおおいはずです。今まで付き合っていてもなんらかの理由でお別れしてしまって、社会人になってからまた初々しい触れ合いがあり、お付き合いする他人ばっかりでしょう。
また、学生の時から長くお付き合いをしている他人もある。
付き合って最初の頃は双方気持ちが高ぶっていて、目標のことをますます引っかかる、もう自分のことを知ってほしいというので、仲良しな陽気が続きます。
最初は一緒にいるだけで幸せと思いますもんね。
しかし、徐々に期間が経ってくると、一緒にいるのが当たり前になってきて、搏動も原動力もなくなってしまいます。
そこで女性が手を出し易いのが出会い系サイトです。
マンネリ化した両人ほど出会い系サイトにアクセスする人が多いです。
彼女のことは博士だけど、刺激が少ない、一緒にいてもつまらない、彼女の売り買いが忙しくなって会ってくれないなど、彼女に対する切歯扼腕がでてきて、会えないことから侘しいというようになった女性が出会い系サイトを通じてしまう。
出会い系サイトは、彼女亭主の関係でなくても、男性はちやほやしてくれますし、何を話しても褒めてくれるでしょう。また、新奇もありますのでまったく原動力をうけます。
母親にとって出会い系サイトは彼女を見つける結果ではなく、彼女がいても侘しいと感じたまま褒めてくれたり話を聞いてくれるダディを求めてアクセスすることが多いです。
しかしそれで知り合った男性に惹かれていく場合もありますので、亭主を自分のやり方から離したくないと思っている男性は、寂しさを感じさせないように会うスパンを多少なりとも作ったり、話を聞いてあげたりください。”
ブリアン